新会社法のポイント(1)

5月1日の新会社法の施行まで、あと2週間ちょっとですね。

これから起業・開業される方にとっては、
落ち着かない日々を送っていらっしゃるのではないかと思います。

そこで。

今日から4回にわたり、新会社法の重要なポイントについて、
まとめてみたいと思います。

第1回:有限会社は設立できなくなる!

そうなんです。新会社法施行後は、「新たに」有限会社を
設立することができなくなります。

「じゃあ今ある有限会社はどうなってしまうんだよ。。。」

と思われた方、ご心配なく!!

新会社法施行後も、新法施行前に設立された有限会社については、
「特例有限会社」としてそのまま存続できますので、ご心配なく^ ^

また、新会社法に基づいて設立される株式会社の中にも、
種類がいくつかあり、その中には従来の有限会社的なものもあります。

これは、「非公開会社」と呼ばれ、
定款で株式の譲渡制限がされています。

※株式会社については、後日、詳しく見ていくことにします。

このように、有限会社制度は廃止されるものの、
今後は「有限会社的な株式会社」を設立することができるように
なるわけです。

いずれにしても、大きな変化ですよね。
これをどう活かしていくか、まだまだ研究が必要です。

人気blogランキングに参加しています。
     ↑
 ポチっと応援お願いしますm(_ _)m

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上に戻る