新会社法のポイント(3)

新会社法のポイントチェック第3回目です。
さっそく始めましょう。

第3回:有限会社的株式会社と機関設計の柔軟化

第1回でお話ししましたように、新会社法のもとでは
新たに有限会社を作ることはできなくなります。

ただ、有限会社を作ることはできないものの、
従来の有限会社に近い形態の株式会社を作ることが
できるようになります。

では、どのような点で「有限会社的」なのでしょうか。

それは、機関設計の点においてです。

会社の機関、つまり、株主総会や取締役、取締役会、
そして監査役などを設置するのかしないのか、
また、その人数をどうするのか、ということについて、
従来よりもだいぶ柔軟に設計することができるようになります。

従来の株式会社ですと、取締役3名以上、監査役1名以上、
そしてその任期は、取締役2年、監査役4年でした。
また、取締役会も必ず設置しなければいけませんでした。

ところが新会社法では、株式会社であっても、
定款で株式の譲渡制限をしている非公開会社では、
株主総会+取締役1名だけで運営していくことが可能です。
監査役を置く必要もありません。

そして取締役の任期も、定款で定めることによって、
最長で10年まで延ばすことができます。

これは小さな会社にとってはうれしいですよね。
2年ごとの役員再任の登記の手間・費用が省けるわけです。

このように、従来の有限会社と完全に同じということには
なりませんが、かなり近い形態で運営できることになります。

人気blogランキングに参加しています。
     ↑
 ポチっと応援お願いしますm(_ _)m

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上に戻る